改革に取り組むロハスホールディングス

大震災がおこってから日本のいろいろなことが変わろうとしています。
まず、原発のあり方やエネルギー問題が浮上してきました。
各家庭が節電に取り組み、企業や社会全体が節電に取り組み始めたのがこの頃です。
それまでの日本は進みすぎた文明とコンピューターや家電によって、惜しみなく電力を消費してきました。
それを誰も不思議に思わず無限に電力があるような使い方をしてきました。
しかし、原発問題が起こってからエネルギーに目を向けるようになったのです。
節電をすれば今までのように過剰な電力供給をしなくてもいいのです。
また、原発がなくなってもエネルギーをまかなうことができるようにいろいろな企業が努力をしています。
そのうちの一つがロハスホールディングスです。
この会社は、太陽光発電に関するトータルプロデュースをすることで電力を補おうとしています。
また、それをITネットワークによって各家庭の電力使用状況を確認し、必要なところに供給をするというおもしろい発想を持っています。