連携支援センターにはとてもお世話になりました

玉川病院には連携支援センターがあり、他の医療施設や福祉関係の施設、行政などと連絡を取り合って患者の治療や生活をケアしてくれます。
私も以前病気になって玉川病院に入院をしたことがあったのですが、入院が長引いたので仕事を失い、生活する上で金銭的にも逼迫した状況になったことがありますが、連携支援センターが相談に乗ってくれ、力になってくれました。
行政や医療の制度で利用できものがあっても、それを知らないと言うことはよくあります。
また知っていても手続きが面倒で利用しないパターンもあり、そうしたことが生活が崩れるきっかけになるのも珍しくありません。
連携支援センターは縁の下の力持ちのような存在ですが、それだけに患者にとっては大切なところです。
病気さえ治れば良いのかというとそうではなく、入院患者などは特に退院後に大きな不安を抱えている方が多いです。
そうした退院後の生活なども考えて、どうするのがベストかを一緒に考えてくれるのが連携支援センターです。
私も入院中や退院後にはとてもお世話になりました。
玉川病院は地域医療を担う病院です。
地域社会に必要な存在ですが、他にも同趣旨の国や民間の機関が沢山あります。
それらと連携することにより、患者の生活を最大限サポートすることが可能です。