太陽光発電のメリット

先日、友人夫婦が一軒家に太陽光発電システムを導入しました。
設置費用としてはシステム機器費や工事費を含めて200万以上かかったようですが、国や自治体からの補助金や減税分を差し引くとだいぶ安くなるとのことです。
また太陽光発電にすることによって、今までかかっていた電気代だけではなく、ガス代や灯油代までもがかからなくなるので、毎月相当な光熱費が削減できることになります。
太陽光発電の普及政策として、現行では太陽光発電システムを設置後10年間は余剰電力を高額で買い取ってもらうことも可能なので、友人夫婦が初期投資費用を回収できるのはそんなに先の話ではないのかもしれません。
東日本大震災後、エネルギー問題がより身近に感じられる中、子供達の未来を守るという意味でも、大気汚染物質を発生させないクリーンな太陽光発電の必要性はますます高まるばかりです。
友人夫婦の話を参考にして、我が家でも太陽光発電の導入を検討したいです。